クレジットカード現金化によってカードが利用停止になってしまうことはありますか?

クレジットカード現金化によってカードが利用停止になってしまうことはありますか?

個人で購入商品の転売を行う現金化ではカードが利用停止になることはあり得る

クレジットカード現金化そのものは違法ではない

まず大前提としてクレジットカードの現金化そのものは違法ではありません。

現金化の基本はクレジットカードで購入した商品を中古販売して現金を受け取るというものですが、これは誰もが普通に行なっていることで何ら問題にはなりません。

問題となるのはクレジットカードを発行している会社の規約に違反した場合です。

カード会社に規約違反がバレると利用停止になる

カード会社としては本来想定していない使われ方を避けるために、現金化を目的としたカードの利用を禁止しています。

そしてカード会社が何を根拠に「現金化のための不正利用」を判断しているかというと、カードの使用履歴からになります。

たとえば現金化に向いた中古転売価格の安定している商品を短期間に大量購入している場合には、ほぼ確実にカード会社に疑いの目を向けられるでしょう。

専門の業者を通しての現金化ならカード利用停止になることはまずない

カード会社に怪しまれない現金化をすれば利用停止にならない

個人での現金化はどうしてもカードを複数回に渡って利用することになるため、カード会社に目を付けられやすくなります。

その問題を回避するにはクレジットカード現金化を専門的に行なっている業者を通しましょう。

ネットの現金化業者に頼めば一度で効率的に現金化が終わる

現金化業者に申し込みをすると、指定された商品を購入した直後に現金が払い戻されます。

この方法ならカード会社には普通にネットショッピングをしたようにしか見えないため、カード利用停止になる恐れはまずありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする